湯たんぽの通販 [ キューズベリー/CuseBerry ]

メリハリなく厚着しすぎると、熱が身体にこもっ
てしまい、体温を上げなさいという脳からの指令
が出にくくなって逆効果です。

おなか、腰、下半身を重点的に温めましょう。
体が、自ら体温を上げる機能を促すような温め方
が大事です。熱を発生させるのは筋肉ですから、
外から腹巻きなどで温めてあげるのと平行して、
バランスのいい食事と適度な運動もお忘れなくね。

9人の子どもを育てる現役助産師
⇒助産院ばぶばぶページはこちら

【ココが温まる】
冷たい空気で冷えた腕
冷たい空気で、冷えた鼻
気管支、肺

婦人科を温めましょう。
また、おへその下の指3本下にある
ツボ「丹田」と骨盤の中にある、深
層筋をあたためることは全身を温め
るキーポイント
になります。

体幹の冷えた人は、温める
と胃や肝臓の機能も高まり
ます

免役の要ともいわれる腸は、温める
と腸の働きが高まり、便秘や下痢の
改善がみられます。また、腸内善玉
菌が増え、腸内環境が良くなります。
腎臓の機能が高まり浮腫の改善がみ
られるようです。

温めると足の末端まで
血液がめぐりやすくなります。
冷たい足が温かくなるように
働きかけてくれます。

1.外から温める。とは、
■衣服を重ね着する。■ストーブ等で温める。■お風呂に入る。
■運動をする。■湯たんぽで温める。

2.中から温める。とは、
体を温めるものを食べる、飲むと言う事です。
(温かい飲み物でも身体を冷やすモノもありますので、気をつけてくださいね。
※例えば、コーヒーは体を冷やします。温める飲み物→ジンジャーティ)

3.内から温める。とは、
心から温めると言う事です。
優し言葉を投げかければ、心温まる言葉が返ってきます。そして、心から温まります。

スタッフ:ともみ
実施前平均体温35.5度

実施後平均体温36.4度

スタッフ:葵
実施前平均体温:35.8度

実施後平均体温36.2度

スタッフ:山ノ内
実施前平均体温:35.4度

実施後平均体温36.0度

竹内先生に湯たんぽをお腹にあてて、仕事したら?とア
ドバイスを頂いてから、身体の変化にびっくりしました
*うれしかったのは、生理の時に薬を飲まなくてよくなっ
たことと、ひざ下によく青タンができ、ない日がなくひ
ざ下を見せるのが恥ずかしかったんですが、湯たんぽを
してからすぐになくなり、今では青タンが消えました♪

びっくりしたのは、わたしはパソコンを使った業務なので一日中座っているん
ですが、湯たんぽ使用前は、夕方になると、身体がだるく、ふくらはぎがカチ
コチになり、むくんでいました。でも今では、夕方になってもふくらはぎは柔
らかく、身体は元気になりました。しかも別のスタッフより、肌がツヤツヤし
てきたね!とほめられました!竹内先生いわく、血行が良くなった証拠だそうです♪

基礎体温が35度台の、典型的冷え症でした。
私も竹内先生に診て頂いてから"冷え"を意識するように
なり、湯たんぽをお腹に当てて仕事をするように。そした
らなんと、基礎体温が36度台まで上がりました!以前は
朝起きるのがつらく、1日中だる~い感じがしていたので
すが、今はしゃきっと目覚められるようになり、仕事の能
率も上がったように思います。また、お腹に当てていると
暖かくてとても気持ちよくて、自然とリラックスできるよ
うになりました♪

かわいいグリーンチェックの湯たんぽ。
見ているだけで、おしゃれ気分になり、大好きです。
寝る前に必ずすることを決めています。
1.おなかを温める。→翌朝、排便があり、おなかスッキリ。
2.指先が冷えるので、上腕の裏側からひじさきまで温める。
3.臀部の付け根から大腿、ふくらはぎを温め、足元におい
て寝ます。上記をすると、身体がほぐれ、疲れが取れた気
分で、不眠症でしたが寝やすくなりました。